白1ケイマに対して黒2と打って行くのは積極策、振り子と呼ばれ筆者にとって最も思い入れのある形。時計の針って面白くて、長針と短針が約1時間ごとに重なるんです。1時5分頃に重なって、2時10分頃に重なって…毎時重なるんですけど、でも、11時台だけは重ならないんです。短針が逃げきっちゃう。白1のように。二つの針が再び重なるのは12時。鐘が鳴る時です。何が言いたいかと言うと、「鐘が鳴る前には報われない時間がありますよってこと」です。

白3に対して黒4と打ってきた場合

黒2に対して白3と二間に打つのは、昔から結構打たれていたスタイルですが最近は一間くらいに打つ方が流行となっており時々見かける程度に落ち着いた印象です。スピーディーなこの形を研究してみるよ。

白1と打ってきた場合

この形はなんといっても白1のように何かしら入っていくのが狙いとなります。それが二間開きで足早に打った理由です。

前回やった図では黒1としっかり守られてから白2と入っていきました、これは黒1で強化されてから白2と打っているため出切りを狙うことが難しくなり白が悪くなると評価されています。

三三には黒1がほとんど絶対の一手となります(当研究では)、以下番号順で白の注文通りに見えますが白から打ちたい場所は黒1の地点でもあるしこの図が双方最善図だと結論付けました。以下に理由を説明してみます。

弱い石から動くという囲碁の格言道理に打ってみる、黒1が出切りを無くし攻めを見た好手に見えるかもしれないけど白2から白4で逆に黒の薄みが目立ってしまってます。白2が利くことによって中央付近の黒と白の石数が逆転しているのが解ります。

黒1には以下番号順で白がやや優勢かも、白4から白6が大切な手順で上辺を補強しながらキリを見ていてこれは黒がどこかのタイミングでツギを打たなければ厳しそうです。高段者向けになってしまいますが下辺は黒下アテの後曲がって生きる手とオサエて打って返しで生きる手があり場合によって使い分けますがどっちにしろ白優勢に思いますねぇ。

黒1とこっちなら白2と打って、黒3には白4で問題ありません。

この地点での黒1は白2と打たれてワンポイント遅れている印象、これが白が二間を打った狙いです。

黒1にも同様に白2で大丈夫です、この図なら白が大分優勢かと思います。

黒1は白2で難しい戦いになります。白4から白6と打って味を見ながらふんわり打つことが本格的ですかねぇ。

白1からの出切りは自然な手ですが、黒4から白5と空き三角に打たされることをどう見るか…以下番号順で白15までの形は白が良さそうですが一本道感があり美しいかどうか。最初はこの図で打ってみて、形にこだわりだしたのなら前図で打ってみるのも良いかもしれません。

ということで黒1が最善かなと思った訳です。

ふつくしい…囲碁は芸術なんじゃないかとワイは思ってる。

想定される双方最善図、やはりまだまだ黒コスミで打ってくる人は少ないと思いますが今回の変化図を覚えておけば色々対応できると思いますので試してみてもらったら嬉しいです、何かまた変化が解ったら追記します。