白1ケイマに対して黒2と打って行くのは積極策、振り子と呼ばれ筆者にとって最も思い入れのある形。時計の針って面白くて、長針と短針が約1時間ごとに重なるんです。1時5分頃に重なって、2時10分頃に重なって…毎時重なるんですけど、でも、11時台だけは重ならないんです。短針が逃げきっちゃう。白1のように。二つの針が再び重なるのは12時。鐘が鳴る時です。何が言いたいかと言うと、「鐘が鳴る前には報われない時間がありますよってこと」です。

白3に対して黒4と打ってきた場合

白3に対して黒4と打つのはプロアマ問わず振り子で最も見る形かも、世界ランカーも好んで使ってるけど変化が多くハマりやすい何とも研究しがいのある形。この形を研究してみる。

白1と打つ変化

今回は白1と打つパターン、これはまともに攻めずに一旦黒2などと弱点補強した方が良いと思う。続いて

想定される双方の最善図。ここまでの変化が中々難しいですね、本当にありがとうございました。

よくある失敗例1、黒1と打つ手は白2から白4と打たれたときに黒から攻めが続きません。続いて

黒1と打ってきても白2から生還できれば白良しで、

最善に打ってもこうなる位でしょう。この図はこの後少し難しいのでもう少し解説します。

ここから

こう打ってコウです、いやネタじゃないっスよ。この図は黒にコウ材がなく白が有利です。まぁ、ここまで打てる人なら最初から三三の白を取りに来たりしないかなぁ。

単に黒1と打つ手もありますが、白2と打たれて打ちこなせるかですね。両方とも簡単に生きるので黒の力量が問われそうです。昔から九路盤では白が二か所で生きた場合は大抵勝ちと言ったものですが、現代ではコミの具合により何とも言えません。ですが個人的には白のほうが良さそうに思います。

ここまでの変化を見てもらうと、黒1に対して白2と打ちたくなる人もいるでしょう。しかしあまりうまくいきません、黒3が好手となるので必ずこちら側をオサエましょう。

白1には黒2と打つ、前回のを見ていただいていたならこの変化は大丈夫ですね。下がってはダメですよ。

白1には黒2と打って様子見です、全体を見て打てば無難かなと。白から下辺は手抜きできません。

黒1と手拍子で受けてしまうと白2と補強されてから白4と打つ返し技があります。黒1と白2の交換によって左辺の黒の薄みが目立ってしまうのです、元々黒から手入れが必要な形だったので白に何かしら打たせて調子で補強するのが理にかなっています。

この図なんかは理想ですね、黒の手入れにもなり上下の白に利いています。

ところで先日、高段者の碁で黒1を見ましたがこれはうまくいかないっぽいです。白2から打っていき黒5には白6とこちらを打てば白がいけそう(当ブログ調べ)。左辺は味残りで黒の応手が難しいです。実戦では黒5に受けてましたが手抜いて白6が良いと思います。