囲碁の九路盤の変化を楽しみながら納得いくまで研究する、世界はこんなに素敵だよって明日に向かって吠えてみたい。
ブログ

月別アーカイブ: 2021年1月

高目(新・王道進行→その1)

白1に対して黒2と打つのはとても自然な石の流れ、打つ人が多いため新・王道進行と呼ばれるようになった。正三角形もどきもこういった呼び方が欲しかった。 アンドロメダになった場合 白1から番号順に打つ、この形をアンドロメダと呼 …

星(フラワー→その2)

白1から白3までブラックブーメランになりそうな形だが、ここで黒4と打っていく形があり白5から黒6までフラワー完成である。そういやフラワー歌ってたBACK-ONのドラマーとマイミクだったが疎遠となった、彼はうまくやっている …

星(フラワー→その1)

白1から白3までブラックブーメランになりそうな形だが、ここで黒4と打っていく形があり白5から黒6までフラワー完成である。そういやフラワー歌ってたBACK-ONのドラマーとマイミクだったが疎遠となった、彼はうまくやっている …

星(月食→その2)

白1に対し、黒2と三三に打つ戦法を月食と呼ぶ。素晴らしいネーミングセンスだがあまり黒番の勝率が高くないようだ、奇策を打ちたい人におすすめの一手。 白3と打ってきた場合 白3と打つ手は素直な手で良く打たれそうな形です、この …

星(月食→その1)

白1に対し、黒2と三三に打つ戦法を月食と呼ぶ。素晴らしいネーミングセンスだがあまり黒番の勝率が高くないようだ、奇策を打ちたい人におすすめの一手。 白3と打った場合 月食に対し白3と打つのはある種定石化されている打ち方であ …

星(ブラックブーメラン→その4)

白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。 白5と打ってきた場合 白5と打つ手も有力で最近た …

星(ブラックブーメラン→その3)

白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。 黒6と打ってきた場合 一見すると豆まきと思いきや …

星(ブラックブーメラン→その2)

白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。 白7と打たれた場合 豆まきから単に白7と打つ手は …

« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © 九路盤研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.