高目に対して白1と離して打つのも自然な着想、そこに黒2という様子見の手がよく打たれるようになった。白1と黒2が逆なら小太刀一刀流となり変化により一層妙味を加えている、ビックリマークはその名残かもしれない。

座禅になった場合

白1から黒6までの形は座禅と呼ばれ、実践ではなかなか見る機会がないかもしれませんが有力な形です。この形を研究してみる。

白7の手は手抜きをせずにじっくり打って行く本格的な手ですが、この後手拍子で打って行くとすぐに白悪くなりそう…

結論から言うと黒1の後、白2と打って行くのがおすすめで互角の分かれになります。続いて

黒1から以下番号順に白4までがある種、定石化された手段だと思います。。ここまでの変化が迷いやすいのでちょっとそこを解説するよ。

実戦で一番多そうなのはコレ、別に悪手ではないけれども高段者でここに打つ人は多分いないと思う。左辺の白はもう味良く生きているので価値が大分少ないんすよねぇ。

具体的にはこう、黒1が急所で白2には黒3から以下番号順で白の受けが難しいです。この黒5があるために定石的な前々図は右上をしっかり守った訳ですね。

白1と打ってくる人も多いでしょう、そこで黒2が本日のハイライトで一気に難しくなります。

大抵白1などと打ってくるのでそこで黒2が上辺ケイマと連動して良い手となります、後は力碁ですが流石に黒良いでしょう。ワイは黒持ち。

ハザマにはハザマで打って後はヨセ勝負、うーん難しい。黒が一本取ったけれども…座禅が黒の勝率高くないことを考えると十分健闘した図だよねぇ。

白1と単にオサエると黒2とカドを打って白が取られます。なので

白1を利かせてから番号順に打つくらいが相場で、これが左側アテを打った場合の双方最善図と推測されます。白3は黒4の所に打って欲張らない理由はもう大丈夫ですね、ハイ込みやべーからマジで。あと白5の守りは必要でここに黒から打たれると難しいですが手になります。

黒からよくある失敗例その1、黒1には白2と打って問題ありません。普通に打ってヨセで簡単に残ります。

二段バネには手抜いて白2から以下番号順で問題ありません、とりあえず他の形でも白2打っとけば何とかなります。

アテ打つ人が多かったのでそっちの解説が多かったですが、単に白2が勝ります。感覚としても手を抜きたいところです。ノビを打った本テーマ図は、一見足が遅く見えますが左辺に利きがほとんどなくなるため不利にはなりません。本格派な方におすすめします。