高目に対して白1と離して打つのも自然な着想、そこに黒2という様子見の手がよく打たれるようになった。白1と黒2が逆なら小太刀一刀流となり変化により一層妙味を加えている、ビックリマークはその名残かもしれない。

座禅になった場合

白1から黒6までの形は座禅と呼ばれ、実践ではなかなか見る機会がないかもしれませんが有力な形です。この形を研究してみる。

座禅に対して白7と打つのが主流になりつつありますね、ここからの変化がパターン化するには絶好の形です。

黒1には白2とノビるのが肝心の一手で、この手以外だと白が大分苦戦しそうです。

白1と受けるのは黒2からの二段バネが厳しく以下番号順に打った時に左辺に白が抑え込まれてしまっています、黒8は二段バネからの切り取りや黒6からの曲がりも見ているため難解な碁になりますが黒のほうが一本取った感があるかと思います。ワイは黒持ち。

力自慢なら白1を打ってくるかもしれませんが、すぐに黒2と打たれて困ります。前図のように二段バネからの切り取りのような味を見れないため黒6位でじっくり打って行くのがおすすめ。

白1にはどこ打ってもいいですが黒2が間違いのない一手で黒優勢です、単に打つのが渋く本格的な感じがしますねぇ。

テーマ図の続きで黒1から白2で黒3とここまでが大体考えられる進行になります。

白1からハザマの手は単に黒2で大丈夫です、以下番号順となった時に白が難しくなります。黒6はオサエても良さそうですね。

黒1をツケで打つのはうまくいきません、白2から白8まで白が優勢になります。座禅は全体的にパターンが少なく、黒の勝率があまり良くないためブーツが流行したんだと思います。しかしながら筋を知るには絶好の形で面白い変化も含んでいるため今後は積極的に打って行きたいと思っています。