高目に対して白1と離して打つのも自然な着想、そこに黒2という様子見の手がよく打たれるようになった。白1と黒2が逆なら小太刀一刀流となり変化により一層妙味を加えている、ビックリマークはその名残かもしれない。

ブーツ登場

白1と打ったならば大抵黒4までとなる印象ですね…ここまでの形をブーツと呼びメジャーな手として良く打たれています。この形を研究してみる。

ブーツに対して白5と打つのは本格的な手ですが、九路盤ではあまり見かけない打ち方となっています。何故打たれないのでしょうか…

多分黒1のツギから白2の形が既に黒持ちが多いことが考えられます、続いて

黒1が最善手で白が下辺で生きるのは難しくなりました、白2には黒3から番号順に進み白6には黒7で下辺の白は全部取られてます。

白1には番号順に打って大丈夫です。

白1には番号順に打って黒4と打つのがポイントです、続いて

こんな感じでうまく決まります、もっとも

白から(5.七)の曲がりを見てコウにすることはできますが、黒が大分優勢です。このコウは花見コウに近いですね。

白1から白3には黒6が重要な手でこれ以外だと白に手が生じます。

基本死活の例、特に白3の後黒からハネないようにw黒6の右上白から出て切る手があるので常にそこを考えて打ちます。

白3ハザマならどうしますか?

Exactly(その通りでございます)、この図になると後はもう大丈夫ですね。このように本筋を覚えていれば応用が手軽にできるのです。

本筋が頭に入ってないと黒1などと感覚で打ち自滅するわけです、これらの形が打てれば赤レート相手でも勝てるようになるでしょう。

補足ですが序盤の黒1には、白2と手抜きされますのでやはり一間に打つくらいが妥当です。今回の内容をしっかり覚えればなんとなく手にしやすそうな黒地ですが、白が入ってきたら取れますのでお試しあれw