高目に対して白1と離して打つのも自然な着想、そこに黒2という様子見の手がよく打たれるようになった。白1と黒2が逆なら小太刀一刀流となり変化により一層妙味を加えている、ビックリマークはその名残かもしれない。

ブーツ登場

白1と打ったならば大抵黒4までとなる印象ですね…ここまでの形をブーツと呼びメジャーな手として良く打たれています。この形を研究してみる。

きたあああああ、白5のキリ!!もうね、ブーツに対しては囲碁クエガチ勢、文系も理系も体育会系も皆この手ばっか。なんなの?ばかなの?しぬの?早速運営に通報しますた。

とりあえず黒1と下がってみる、ここまではほとんど定石化された印象ですね…白2と打って行くのが本手で黒3がまたこの一手という感じです。しかしここからが難しい。

結論から言うと白1から白3を打った後、黒4と白5の交換をしなければならない。内側から黒が動いてはダメで捨て石感覚で黒6と打って行くのがまぁ、研究結果となります。続いて

白1黒2の交換をして白3と様子見の後白5と下がる、ここで黒は黒6と打ちたくなるかもしれないけど白7が見た目以上に大きい手で白優勢の図になります。なので

こういった進行が考えられます、互角ですかねぇ。あとは実力勝負なんですが大抵この図にはならないというか黒が自滅して白勝ちパターンが多いです、それをちょっと解説します。

実戦で多いのがコレ、もうこのパターンはブーツ打ってると相手の黒が高段者であっても普通に隅をなんかしてくるため白が勝ちやすいです。

黒1には白2が重要ポイントになります、この手だけ覚えててや。この手打てれば後は何とかなります。

黒1なら白2からおなじみの取る手筋で勝負ありです。

黒1には白2と切り違いを打って黒3から白4に対して黒はさっきのおなじみの手筋があるため、ノビている暇がありません。黒5と隅を狙っていきます。

続けて打つならこんな感じ、多少複雑ですがこの図になれば白が既に一本取っています。コウに負けても右上白から突き抜ければ優勢です、まぁでも。

大抵この図か…

この図で決まるので白からあまり焦らなくても良いです、もし相手がさっきみたいに最善に打ってきたらこれは相手が強すぎるだけであり一本入ったとして十分な経験になると思いますよ。

蛇足ですが白1には黒2があって良くないです、続いて

以下番号順の有名な筋で大丈夫です、強いて言うなら黒10と焦らずツギを打てれば問題ありません。

前図黒4で二段バネを打たずに黒1を打つと以下番号順で手が生じます、これはやや白持ち。

伝えたかったことは黒の方向性は隅ではなく黒1こっちです、ハマりやすい形なので全体を見て打つ癖をつけると良いかもしれません。