高目に対して白1と離して打つのも自然な着想、そこに黒2という様子見の手がよく打たれるようになった。白1と黒2が逆なら小太刀一刀流となり変化により一層妙味を加えている、ビックリマークはその名残かもしれない。

ブーツ登場

白1と打ったならば大抵黒4までとなる印象ですね…ここまでの形をブーツと呼びメジャーな手として良く打たれています。この形を研究してみる。

大抵みんなキリを打ってくるけど白1と打つ変化のほうが自然でパターン化がしやすくなるメリットがあります、黒の受け方は二段バネをするのが良く大切なポイントです。

黒1で打ってしまうと白2から白4と打たれて早くも黒が打ちづらくなります、白アテに対して最も実戦に出てきそうな形であり二か所で生きれば十分でしょう。

前々図の続き、白1から白3までは一本道でその後黒4が第二のポイントで白5位に打って勝負となります。ここまで双方互角だと思いますがうっかりする変化が多いのでそこら辺を研究してみる。

まずは、二段バネの切る方向ミスった場合。まぁミスって程でもなくこの図で白が打てればOKといったところ、黒としては白に右辺上げてもじっくりヨセれば意外と細かいです。

よくありそうなのが黒1を決めてうつパターン、しかしこれには白2がいい手で…

黒1に守った時に白2が利くために以下番号順のような狙いが生じる形となって白が優勢でしょうね。

続けて打つならこんな感じ、黒1に対しては白2が重要な手で黒3には白4まで手になっています。ぶっちゃけプロ筋ですが覚えていればなんということもありません、特に白2が重要です。大切なことなので2回言いますた。

黒1ならもちろん白2で大丈夫です、本テーマ図をおすすめするのは白の下アテに対する黒の対応は研究してなければすぐに白が優勢になりやすい点にもあります。もし本ブログに書いてあるような手を打ってきても形勢は互角のままですので勝率維持にはいいと思いますねぇ。