白1に対して黒2とツケる形はよくありそうな手で白3から白5までの形がホワイトスライス。白のほうが勝率高いらしいがここまでの変化も多く複雑な碁になるかも、どうでもいいけどこの呼び方世界猫歩きなの?マニアック過ぎるでしょ。

黒6と打ってきた場合

黒6と打ってみる、もうこれはなんとなく切ってみたいのは碁打ちの性であってその信念に正しさなんて、最初からない。あるのは正しさじゃなくて都合じゃないか、この形を研究してみる。

何はともあれ白1と打ってみたい、この地点は黒からの好点でもあり逃せないところ。

黒1なら白8までは一本道でいい勝負かもしれないですね、強いて言うなら黒の右辺の守り方が難しいかも。

黒1と打ってきても、これまた一本道で白10位になりそう…ただしここから

黒1には白2と打つのがプロ筋で今日の手筋のポイントになります、続いて

黒1には白2が厳しく知っていないと中々打てない手で、白4までをゆっくり利かせてから白6と守れば白が中々の形です。

白1と単に打つと黒2が愚形の好手となり以下番号順で複雑な碁になります、実践では単に白1と打ってしまう人が多そうですね。ちなみに

最初の形で、白1と下アテを打ってしまうと以下番号順になった時に白5が省けないため黒6と打たれたときに難しくなります。なので単に打つ形が流行ったんだと思います。

この形では無理せずに単に白1をおすすめします、前述の変化さえ覚えていれば白が十分だと思いますよ。パターン化するには良さそうです。