白1に対して黒2とツケる形はよくありそうな手で白3から白5までの形がホワイトスライス。白のほうが勝率高いらしいがここまでの変化も多く複雑な碁になるかも、どうでもいいけどこの呼び方世界猫歩きなの?マニアック過ぎるでしょ。

黒1と打ってきた場合

ホワイトスライスに対しては黒1と打つ人が多い印象、白2から黒3までお互いに不満がなく定石化された手段となりました。続いて

白1には黒2と受けるのが最大のポイントで白3と味の悪いところを打ってから白5と取りきる。

想定される双方最善図、あとは力碁です。ここまでの打ち方で結構ハマりやすいところがありまして、そこら辺を研究してみるyo!!

まず上辺打たずに黒1打ったパターン、これは白2がとてもいい箇所で黒3には白4がプロ筋の最強手になります。右斜め上の二線に打っても大丈夫ですがよくある形で飽きましたし、この形ではこちらの方が厳しい手となります。

黒1なら白2を利かせて以下番号順に黒7までが相場で、白からはカケツギと(6.九)とオク妙手の両方を見ています。すぐに手が見えなくとも何か味を残しておくのが大事です。

黒1には白2でしびれています、黒1の上ツギならば二子の所をあてて十分で逆をツイで来たら黒1の右に打っとけば右辺は簡単に生きれます。

こんな感じですね、もちろん白良し。

黒1と左側に打ってきたらほとんど一本道で白が残ります、ヨセが苦手な人はこの図で白が残せるようトレーニングしてみるのもいいかも。

黒1のハサミつけには白2から白4と打って十分です、特に白4を忘れずに守って打っておけば黒からまとめにくい形となります。

黒1には白2から白4まで不満のない恰好です。

黒1なら以下番号順で一本道、白8が手筋でこの後

下辺を打ってきたら番号順で花見コウにできます。

上辺ならこんな位で大丈夫かと思います、ホワイトスライスは黒番で打ったことがあまりないのでほとんど研究してなかったのですがやってみると結構複雑な形だなぁと改めて思いました。実戦を想定して変化図を考えたつもりですがもしかしたらもっと面白い変化もあるかもしれません、何か見つけられましたらご連絡いただけると幸いでございます。