白1から黒2の受けは新・王道進行であり最も一般的に打たれている布石の一つ、その後白3と三三の地点に打つこの形がいつしかスパイ潜入033と呼ばれるようになった。白1がルパンだとすると白3が峰不二子、必要な時に、そこにいてくれたという事実は、ただそれだけのことで、何にも増してや、ありがたいことだ。

白5と打ってきた場合

白5と打つのは工夫した手ですが実戦ではあまり見ませんねぇ、この形を研究してみる。

黒1とツケを打ってみる、白2には黒3で固めながら上下の白を分断してみよう。

その後の予想進行図、白5に対しては黒6と打つのがバランスの取れた好手順で白7から力碁のような展開になりそう。

前図黒6をオサエたくなるが白2に対して受けが難しく、白4と右辺に展開されます。

黒3らへん手抜きすると白4が形の急所で、白から下辺に対して色々な味を見ることができるので白の不満がありません。

黒1にはツギでも大丈夫ですが白2と打てばより本格的な碁になると思います。この形は難しすぎる変化が少ないように思います、ある程度パターン化出来たらあとは実戦でならせば大丈夫でしょう。