白1から黒2の受けは新・王道進行であり最も一般的に打たれている布石の一つ、その後白3と三三の地点に打つこの形がいつしかスパイ潜入033と呼ばれるようになった。白1がルパンだとすると白3が峰不二子、必要な時に、そこにいてくれたという事実は、ただそれだけのことで、何にも増してや、ありがたいことだ。

白5に対し黒6と打ってきた場合

白1から白5まではスパイ潜入033において基本形のような形ですが、そこで黒6と打っていく面白い手段がある。この形を研究してみる。

上辺ツケに対して黒から連打されても特に厳しい手が無いため、白1から白3と切って行くのが好判断。

受ける手も無いわけではありませんが黒2に対して白の形が難しいです、やはり第一感は切って行きたいですねぇ。

前々図の続きで、黒1に対して白2が自然な進行でありおすすめな手段です。黒3には白4の妙手があり相手が高段者でも一本入った形です。

続いてこのような形になれば白が十分でしょう、上辺は受けても良いことが無いため手抜きをして下辺の薄みを狙っていく感覚が大切だと思います。白10までの死活に自信がなければ有名な基本死活辞典などの本が有効です、死活が強ければ一気に全体を見て打てるようになりますよ。

本当に強い人なら黒1と打ってくる可能性あり、この手には注意が必要で

こんな感じで左右に分かれる変化となりそうです、相場の進行といったところでしょうか…今後の白は例の妙手を狙っています。

これまでの打ち方に慣れてきたら下アテの際にノビを打たないで白1と打つのが棋力の上昇には良いかもしれません、ただプロ筋な上に風車的な変化を含む力碁なので打ち始めの勝率が一気に下がると思います…

見るからに複雑そうな形…今のワイのレベルでは全部の変化を把握できていません、負けるならこの形かなぁと。左辺の一石の動き出しのタイミングが難しそうです。