白1から黒2の受けは新・王道進行であり最も一般的に打たれている布石の一つ、その後白3と三三の地点に打つこの形がいつしかスパイ潜入033と呼ばれるようになった。白1がルパンだとすると白3が峰不二子、必要な時に、そこにいてくれたという事実は、ただそれだけのことで、何にも増してや、ありがたいことだ。

黒4に対して白5と打ってきた場合

黒4から白5と打つのは一見そっぽを向いているように見えるが全体的なバランスが良く有力な手段である、スパイ潜入033ではこの形をおすすめします。じっくり研究してみるよ。

黒1と右下狙っていくパターン

結論から言うと黒1に対して白2が一つの正着となります、しかし実戦では中々この変化になりません。特に黒1と打つ人がほとんどいないため白が優勢になりやすいのがおすすめする理由です、もしくは

黒1と打つ手も考えられます、どちらにしろ右下に黒から打って行くのが相場の進行になりやすいと思います。以下、何故そうなのかを変化図を含めて解説します。

黒1と白が受けないからと言って打つのは良くありません、白2が絶好の場所です。

黒1には白2と切っていき、白6までとなった形はすでに白が一本取っています。続いて

黒1が最強の粘りですが、白4から白6と打たれると黒のほうが薄い恰好です。これは白持ちかと思います。まだ続くよ!

こんなもんで実戦でありそうな白の勝ち確定パターン、白6が重要でこの変化を覚えておけばある程度の手段には対応できます。

黒1には白2と打ってサバけます。

黒1が曲者ですが白2から白4の筋で対応していきます、この手が打てれば他の変化は恐らく何とかなります。

黒1には白2から打てば大丈夫です、これらの変化は前々図の黒1を(8.六)に打ってきた場合も同じとなります。

ノゾキには下辺を打って二か所で生きれば十分です、なんとなく左辺の黒スベリを打ってくる人は多いと思うので対策をしっかりして優勢になりませう。