白1に対して黒2とツケる手法は小太刀一刀流と呼ばれ、相手に手抜きの暇を与えないで打っていく積極策。似たような形に下ツケ一刀流があるけれどもどちらが先かは「鶏が先か、卵が先か」などと人は真実を知りたがる。あるいは、自分の知っているものを真実だと思いたがる。つまり真実が何かなどは、二の次なのだ。

白3に対して黒4と打ってきた場合

白3に対して黒4と切ってきたときの変化、この図も白が打ちやすくなる意見が多いですね。

白1から打って行く変化は前回やったこの図ですね、今回は実戦編としてこの形にならなかったパターンをいろんな角度から研究してみます。

まずは白1と反対側に打ってしまった場合、これは黒2ノビは一緒ですが白3に黒4と打たれて全く別な碁になります。ノビを打てば前図に戻ります。

白1抜きには黒2と打たれてコウ材がなく白3位かと思います、黒4に対して白5が発見できるかどうか…ここに打つのがポイントで複雑です。

黒1と白2がお互いに最善でここまで打てば力の強いほうが勝つでしょう、アテの方向を間違えた白としては健闘した図といえますね。しかしここまで様々な変化があります。

白1と抜かない場合も考えられますが黒2から以下番号順で黒から右辺がまとめやすくなっています、補足ですが黒10の上を白がアテ打ってきたら切って行く手が成立します。これはやや黒持ち。

アテを打った後右下を守らずに上辺を打ってきたら白2と打って問題ありません、これは白のほうが打ちやすいと思います。実戦ではうっかり黒1も多そうですね。

白1と上辺に打っていく手は黒2から白3と打つ手を発見しなければなりません、白5と下がるまでの筋はレート2000以下では絶対に出てこないので特に覚えなくても大丈夫だと思いますが参考程度に乗せておきます。白の棋力的な負担が大きいと思います。

本図は白がアテの方向を間違って生ずる形なので、とりあえず相手が最善に打ってきた場合白5を覚えておけば何とかパターン化しやすくいい勝負に持って行きやすいです。一見上辺色々打てそうですが必ず左辺白に負担がかかってくるので(当ブログ研究では)、そう考えるとこの位が妥当なのかなぁと思います。

他にありそうな変化、黒1にはすぐに打たずに上辺白2が大きいところとなり二か所で分かれて生きるイメージで打つのが大切です。白4が手筋となっていますね。