白1に対して黒2とツケる手法は小太刀一刀流と呼ばれ、相手に手抜きの暇を与えないで打っていく積極策。似たような形に下ツケ一刀流があるけれどもどちらが先かは「鶏が先か、卵が先か」などと人は真実を知りたがる。あるいは、自分の知っているものを真実だと思いたがる。つまり真実が何かなどは、二の次なのだ。

白3に対し黒4と打ってきた場合

白3に対して黒4と打ってきたときの変化、白がやや打ちやすくなる傾向があるこの手を研究してみる。

白1から白5までは一本道、形としては白が良いはずですが中々打ち方によっては複雑な変化になります。

黒1に打ってきたら白2を利かせて白4を打てば十分な形、続いて黒5ならば

白1とノビを打ってみたいところ、黒2には白3がピッタリな手で白不満無し。

白1と切って打つ手もあるけれど白3の形が空き三角になります。まぁ、白がいいとは思いますが多少まぎれの余地が出てきてしまいました。

黒1と打つ人もいるかもしれません、その時は。

白1に対して黒2が気になるところではないでしょうか、しかし白3が非常に良い手で左辺と右辺両方見ています。もちろん白持ちなので…

直ぐに黒1と打つ手は考えられます、ノビでも良いですが今後できる厚みから少しでも離したいイメージです。

前図のような形になったら白1と打つ手筋、今日はこれだけ覚えてもらったら大丈夫です。

黒1には白2が隅に対して利くので、以下番号順で白優勢です。

黒1のような手にも鮮やかに決まります。

ちなみに黒1とノビてきた場合はこのような図が考えられます。白10まで白持ちですかねぇ。

この形は実戦で良く出てくるので研究で差がつきます、特にツケる手筋は重要で打てなければ相手を固めて一気に劣勢になるので注意が必要です。ここまでの研究は最善の図を想定して作られているため当ブログの打ち方さえマスターしてしまえばおおよそどんな形にも応用が利くようになっています、じっくり研究してみて下さいね☆彡