白1に対して黒2とツケる手法は小太刀一刀流と呼ばれ、相手に手抜きの暇を与えないで打っていく積極策。似たような形に下ツケ一刀流があるけれどもどちらが先かは「鶏が先か、卵が先か」などと人は真実を知りたがる。あるいは、自分の知っているものを真実だと思いたがる。つまり真実が何かなどは、二の次なのだ。

白3と打ってきた場合

白3と打つ手はじっくりとした本格的な手、この形を研究してみる。

ここは黒1と打ってみたい、白2は反対側を打つ手と二種類ありますがより実戦的なこちら側から研究します。その前に…

ノビを打つ変化は座禅となりこれは別の形で詳しくやっていきます。

切りを打つ変化は黒1から以下番号順で白8までとなりそうです、ここまで色々な変化があるのでそれを見ていきます。

黒1には番号順に打って行き、黒5までの形が考えられますがあまり良い図にはなりません。続いて

白7までほとんど一本道でその後黒8が省けない手となります、そこで白9が厳しく白が一本取っています。この図を覚えておけば応用が利くのでハイの変化は大丈夫だと思います。

黒1と打つ手には白4が常に狙いとなるため良くありません。

黒1はこの一手という感じの手筋なので注意が必要です、それ以外はヨセで差が出るかなぁといった感じ。

白1の変化は黒2に白3が打ちこなせるかどうか…打ち方によっては大変難しい変化となる可能性大ですので、やはり切っていく手をおすすめします。似たような変化なら前回書きましたので参考にしていただけると幸いであります。