白1に対して黒2とツケる手法は小太刀一刀流と呼ばれ、相手に手抜きの暇を与えないで打っていく積極策。似たような形に下ツケ一刀流があるけれどもどちらが先かは「鶏が先か、卵が先か」などと人は真実を知りたがる。あるいは、自分の知っているものを真実だと思いたがる。つまり真実が何かなどは、二の次なのだ。

白3と打ってきた場合

黒2と打ってきた小太刀一刀流には、とりあえず白3と打ってみたくなる。この形を研究してみるよ、応手もいろいろありそうですね。

黒1と打ってきたならば白2から黒3と打っていき…

乱戦になりそう、これを双方最善図1と仮定するならば互角か少し白持ちか。難しいながら小太刀一刀流ではこの図をおすすめします。

前々図で黒1と打ってしまうと白2が好手となって白4から白6と打たれることになります、これは黒一子が厚みに近すぎで打ちにくいです。

なので黒1と打つ手をここでは推奨します、気になる手としては他に

白1とアテを打って行く手も考えられます、ただ以下番号順に進んだ時に黒8に対して白の応手が難しい…これを双方最善図2と仮定します。

この形で難しいのは黒1から黒3と打たれた場合で研究が必要となってきます、双方最善図1をおすすめしたのはこの変化を回避できるからです。

何はともあれ白1から番号順に打ち進めた時に黒6に対して白7が重要な手です、すぐにツギを打たないで三方向の黒石を見ています。すぐに白から右上は良い手にならないので黒の様子を見ています、これはプロ筋。

一例としてはこんな感じで(2.六)の手を白から見ながら打てばどちらかの黒が取れそうです。小太刀一刀流は力碁になりやすい手ですが、この形はその中でも最高峰に難しい変化だと思います。黒の打ち過ぎをとらえる棋力がなければ双方最善図1をおすすめします。