白1に対して黒2と打つのはとても自然な石の流れ、打つ人が多いため新・王道進行と呼ばれるようになった。正三角形もどきもこういった呼び方が欲しかった。

白3と打ってきた場合

白3と打つのは実戦ではあまり多く見かけないかもしれませんが有力な戦法です、この打ち方を研究してみる。

黒1から白2は大体こうなるところ、黒3と上辺を仕掛けていき固めに入ってみたよ。

白1には黒2と打ち白3と黒4を交換して白5と打ち込む、ここではこの形を双方最善図と仮定します。以下ここまででハマりやすい変化を解説します。

多そうなのは白1ですかねぇ、しかし黒2と打たれてすでに打ちにくそうに思います。白3が頑張った手筋ですが黒4と打たれては白が良くなさそうです。

前図白3に対し黒1と受けると白2が好手となり以下番号順で一気にわからなくなります。ハネ出しではこの図を黒が覚えていればおおよそ対処できるでしょう。

あとは…一見常識的な黒2はここでは悪手となります、白3がとても大きく右辺の黒は一手で地にする手は無いためです。白5などと打たれると対応が難しくなってきます。

前図のように打つなら黒1とこちらの方が良いと思います、白2ならまだお互いに変化の余地がありますが…

白1から以下番号順に打たれるとわずかに白が残りそうです、この後しっかりヨセを打てる人(レート2100~位)の人はこの図を推奨です。まだ届かない人は前図で複雑な碁にするのが面白いかもしれません。