白1に対して黒2と打つのはとても自然な石の流れ、打つ人が多いため新・王道進行と呼ばれるようになった。正三角形もどきもこういった呼び方が欲しかった。

白3と打ってきた場合

新・王道進行ではアンドロメダになることが多かったが、最近は白3と打つ手法がブームとなっている。流行に便乗してこの形を研究してみるよ。

何はともあれ黒1と打ってみる、白2までの形が一種の定石となってます。

黒1と打って行くのはこれも流行となった打ち方だがあまり賛同できない、白2がお互いに大きく黒3と代われば白4が成立してしまうからです。

具体的にはこんなところ、要は右辺に白から味を残し左辺をまとめていけば残りそう。元々黒地の所なので本図のようにコウ残りの図になりそうなら成功で取られてもじっくり打てば左辺を大きく地にできる。

前々図の黒3を黒1と打ってきたら白2と打って以下番号順に進み

こんなぐらいが相場であり一本道か…この図では白のほうがやや得をしていて最終的には白が残りやすいです、というかそもそも黒5を相手が発見できないことも多いので白のほうが優勢になりやすい形だと思います。

実践例、黒1なら白2が良く黒3には白4と打って良い。左辺には影響が少ない。

黒1には白2からの白4がパーフェクトコンビネーション、左辺下アテを打っているため色々な技が出せる。

やはりここは黒3が手抜きできなさそう、黒1を打つならば白4に対抗する手段の研究が必須。もっとも前図のように…

白1と最初からこの地点に打つのも有力で、囲碁クエではむしろこっちの方が高段者に好まれている印象。しかし

黒1と打たれると以下番号順でどうなるか…黒は上辺黒5と黒7は先手だし形的に悪いところは無いように思える。ワイは黒持ち。

黒2なら白3で何とかなります。

このような理由からワイは黒1と下辺を優先させる打ち方を推奨します、上辺に打つ手は感覚的には良い手ですが、研究していくとスキが目立ってくる印象です。もちろんどちらも良い手であることには変わりありませんがね…

白1はこの一手で黒2からこのような碁になるかと思います、あえてアンドロメダなどを打たずに一間に打ったことで序盤から黒に好点を打たれて本テーマ図が出来上がる訳でどちらかといえば白の変化球なだけに白のほうが高い棋力が必要かと思います。