白1に対して黒2と打つのはとても自然な石の流れ、打つ人が多いため新・王道進行と呼ばれるようになった。正三角形もどきもこういった呼び方が欲しかった。

アンドロメダになった場合

白1から番号順に打つ、この形をアンドロメダと呼んでいる。何故アンドロメダなのかは知らないが、新・王道進行から最も多く打たれており現代九路盤の花形定石の一つであるこの形を研究してみたい。

まずは黒1と打ってきた場合から、この手に対しては白2と打ち黒3には白4と左右同型に打って行くのがポイントです、続いて

黒1には白2とここで変化を止めるのが第2のポイント、ここまでがある種定石化された打ち方であり間違いやすい箇所だと思うのでこの辺りをやってきます。ちなみに

マネ碁を続けると最後に黒6と天元に打たれて、黒がほとんど勝ちになりますので注意が必要です。それでは本題に入ります。

何も知らなければ白1と受けてしまうでしょう、しかしこれは番号順に打たれてすでに黒が一本取った形です、上辺の白が分断されてしまいました。

黒1と黒から受けても良くなりません、白2から白4の同型の図は天元の価値が低くなっているためコミ分白が良さそうな分かれです。

黒1と味消しのような手を打ってきても白2が大きいです。

強いて言うなら黒1を打ってから黒3と打つ手もあるかもしれません、この場合

手拍子で白1などと打ってしまうと黒2が厳しい手となります、やはりここは

白1と打つ一手となります、ここだけ覚えててもらうとアンドロメダでは変なハマりをしなくていいように思います。

黒1には白2と打つことにより白6がピッタリした手となるので変に黒1を怖がらなくてもいいです、ツギだけは打たないようにすれば大丈夫です。

単に黒が黒1と打ってきても以下番号順に打てば白8が好手となり見た目以上に白が良い形です、あとは下辺曲がってヨセ勝負です。アンドロメダは実戦で多くみられるもののパターン化がしやすいと感じました、レート2000までならここに書いてある重要変化だけで達成できると思うのでやりこんでみて下さいね。