白1から白3までブラックブーメランになりそうな形だが、ここで黒4と打っていく形があり白5から黒6までフラワー完成である。そういやフラワー歌ってたBACK-ONのドラマーとマイミクだったが疎遠となった、彼はうまくやっているだろうか。

白7と打ってきた場合

白7と打つ手はしっかりと隅を打って行こうという堅実な手。この形を研究してみる。

お互い無理なく打てばこのような図になりそうです、まだ何とも言えませんね。

白1とハイ込む手は黒2が好手で白3には黒4と打つことができます、白の生きが難しい形です。

黒1には、白2から白4と打ってコウを狙います。これは黒5に白から打つ手段が厳しいので黒はすぐに取りいけません、先にこの弱点を補うのが大切です。双方最善でこんなところか。

こういうことですね、どう打っても右辺白は取れません。もちろん白良しです。

やっぱりオサエに関してはコウ含みの戦いになるでしょう、良い勝負かなぁ。しかしながら…

黒1ときたら少し注意が必要です、フラワーの変化で難しいのはこの外す手なので研究が必須かなと思います。

白1と下辺を打って味をみるのが良い打ち方になります。黒2が大きく以下番号順で難しい戦いです。

黒2には白3から白5で問題ありません、これは大丈夫ですかね。

今回のテーマ図は、下辺黒を固めて白1と入っていく戦法になるので白のほうが高い棋力が必要となるかと思います。石の方向に弱点のようなのがないからです。この図が嫌だったら…

前回やったこの図をおすすめします、これはパターン化しやすく下辺に弱点があるため手にしやすいかなぁと思います。どちらも一局ですので好みではありますがワイはどちらかというとこっち派です。