白1から白3までブラックブーメランになりそうな形だが、ここで黒4と打っていく形があり白5から黒6までフラワー完成である。そういやフラワー歌ってたBACK-ONのドラマーとマイミクだったが疎遠となった、彼はうまくやっているだろうか。

白7と打ってきた場合

白7と打つ手はフラワーに対して最も多く打たれる手で最善手とされている、この形を研究してみたい。

黒1から番号順には一本道、これほど変化の少ない形も珍しいだけに事前研究で勝敗が決まります。ここからが大切なところ。

ここはしっかり白1と曲がってなければならない、そして黒2と変わるのがポイントです。

その後は白1と打ち込んでいく、この形さえ覚えておけばフラワーでは互角以上に戦えます。元々黒の変化球な形だけに白のほうがやや打ちやすいと思っています。

黒2には白3と打ち黒4と代わってから白5と味の悪いところを打って行くのが良い手です、ここで白7と打つのが高等戦術で研究していなければ打てないかもしれません。続いて

黒1と打つほかなく、ここで白2から白4とコウを仕掛けていくのが切りを打って行った時からの構想です。左辺切った石からノビがあるため白のコウ材が勝っており黒は対応が難しくなってきます。

黒1とこっちに打ってきたら、以下番号順でコウにできます。白6がコウ材で切りを見ています、忘れないで打ってからコウにしましょう。しかしながら高段者はこのように素直に打ってこないかもしれません。

黒1と打たれた場合どうするか、白から鋭い必殺技があります。

白1から白3と打っていくのが手筋です、この手が打てれば何とか白サバけるでしょう。

黒1とその後打ってくるなら、以下番号順で上辺白は取れません。じっくり研究してみて下さい。

黒1にはもちろん白2で白がわずかに残りそうです、白持ち。

さて、これまでの図を見てもらったら白1が打ちにくい理由が解ってもらえたかと思います。上辺に入っていかなければ白が地合いで難しいからです。

この白1は本当おぼえててや、フラワーでここ打たなかったらすぐハマってしまうから。相手に蜜の味を覚えさせてはダメだぜぃ。