白1に対し、黒2と三三に打つ戦法を月食と呼ぶ。素晴らしいネーミングセンスだがあまり黒番の勝率が高くないようだ、奇策を打ちたい人におすすめの一手。

白3と打ってきた場合

白3と打つ手は素直な手で良く打たれそうな形です、この形を研究してみるよ。

とりあえず黒1とハイ込みで打ってみた、白2が好手で白4までは一本道か。

白2とこちらを打つ手もなくはないけど形ではないような気がします。下辺が固まってカケつぎが中途半端に見えるような感じ。それと

黒1切りも警戒しなくてはいけません。以下番号順になった時にうまく打てるかどうか…力碁は黒の注文かと思います。

どちらも一局だとは思いますが、ここではパターン化しやすい白1を中心に考えていこうと思います。

黒は黒1と打つ一手、後は番号順に打てれば白が打ちやすそうな形です。白6の地点が気持ちいいいいいいいい。

続けて打つならこんなところでしょうか、黒のほうが味悪いと思います。ワイは白持ち。

黒1とアテを打ってしまうと、白4に黒1をツグことができません。

黒1と打ってきたら白2からの白4で白が優勢かと思います、黒5には白6と打って不満のない形です。

形のいい人なら黒1も考えられます、その場合は白2と様子見を打っておけば大丈夫で黒3には白4まで打つことができます。

前図、黒3を打たずに手抜きならば本図のように打てば黒のほうが薄いです。

以上のような経緯から黒1と打つ手が本手のような感じになりました、白4は一路左(5.三)に打つ手もありますがこれは好みですかねぇ…白2と取った形もまだ完全ではないので少しでも離れている本図のほうが個人的には持ってみたいかなと思っています。