白1に対し、黒2と三三に打つ戦法を月食と呼ぶ。素晴らしいネーミングセンスだがあまり黒番の勝率が高くないようだ、奇策を打ちたい人におすすめの一手。

白3と打った場合

月食に対し白3と打つのはある種定石化されている打ち方であり、この変化を研究してみたい。

その前に確認がてらハイの変化から…黒1には白2と一間に打つのが軽い手、黒3には白4と打ってみる。相手の受けかたを聞こうじゃないか。

といっても黒1と打つくらいだろうか、白2に黒3なら白4という具合で個人的には白持ちの図となった。

黒1には白2が厳しく、しびれている。

黒2といきなりノゾいてきたらどうするか、番号順に打って大丈夫です。

黒1と打ってくるかもしれませんが、白2と打てば好形です。全軍躍動した形になりやすいため白持ちが多いんだと思います。

となると黒1はこちらに打って利かした方が良さそうですが…白2が良いところ過ぎるような気がするんですなぁ。

黒3なら番号順で特に白から不満はなさそうです。

黒1には白2としっかりツイで打っていけば普通に白持ちで大丈夫ですが…せっかくなので技を一つ紹介したいと思います。

白1の一見すると初心者っぽい手から、白3からの白5という打ち方があります。白1と打つことによって隅を味良く生きており、その後上辺を打つ高等テクニックです。両者下辺のハネツギが大きいためその手を見ながらですね。

もちろん白1もありますけど…黒から両方下がられて打ちこなせるかどうかですね。うまい人と当たると結構ヨセられるかも。

なのでテーマ図では黒1から変化していくでしょうか、これを月食からの双方最善図と仮定します。ここから先は変化が多すぎて割愛しますが、第一感白が悪くないかなぁと思ってます。