白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。

白5と打ってきた場合

白5と打つ手も有力で最近たまに見るようになってきた、この形を研究してみる。

まずは最も多くみられる白2から、最初にハッキリさせておきたいのはこの形は白の緩着となる可能性が高いです。少しじっくりやってみようぜ。

黒1の手が大きく番号順に黒5のキリまで大体こんなところかなぁ、続いて

白1には黒2から黒4を利かせられるのが緩着の根拠、黒8までの図は黒のほうが打ちやすいと思う。しかしこの図になるまで色々変化があります。

例えば白は2と打ってくることも考えられますが、黒3と抜いておいて問題ありません。以下番号順になった時に黒7と打てます。

というのもテーマ図のような場合前図のようなノビは無理手となります、白9までの形はすでに白が一本取っており白優勢です。もっとも

序盤で変化してくるかもしれません、白1には黒2が返し技となり黒が優勢です。

兎にも角にも黒1と上辺に惑わされずにこの切りを打てれば大抵黒が打ちやすくなるのでこれだけ覚えててほしいと思ってこの記事を書きました。

よく見るのは黒1とここに打つもの、しかしこれは緩着どころか悪手の部類です。

もう本当単純に打っていって白が残る恰好です、後は普通にヨセを打てば勝てます。形や筋がいい人ほど引っかかりやすいような手ですね。

黒が技を尽くしても、白が残ります。この図を覚えておけばどんな手でも大抵大丈夫です。

あとは黒1としっかり打ってくるパターン、これは白2と打って大丈夫です。続いて

黒1には白2とここをツグのが解りやすくおすすめです。白6をしっかり打っていれば黒7に白8と打てます。これも白良し。

黒1と下がってくるのはしぶとい手ですが、番号順に打って白がわずかに優勢です。黒1から黒3と打たれると白のほうが打ちにくそうに見えるかもしれませんが実際は黒スキだらけでヨセで残ります。

一例として、続けて打つならこうでしょうか。こうなれば最終的に白残りそうです。

テーマ図では白1と打つのが無理がなく良さそうですね、黒2と打って互角かと思います。この図はあえて豆まきに行かずに変化した形ですがアテ自体は非常に有力だと思いますので誰か定石名付けてくれるといいんですけどね…