白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。

黒6と打ってきた場合

一見すると豆まきと思いきや黒6と打つ手法もありそうな手、この形を研究してみる。

実はこの形、白1から普通に打ってしまって白が良くなる。この後

黒が最大に粘った手が本図ですが、白9まで白が打ちやすそう。一本道だしこの図を知っていれば一間にはあまり打ちたくなくなるんじゃないだろうか…

黒1には白2と打って、上辺と下辺の味を見ながら打てれば十分。

あとは黒1と打ってきた場合以下番号順で白が良さそうです、なんというか豆まきが定石化された背景はこういった変化があるように思います。ほとんど一本道で白が良くなってしまうためです。

豆まきの場合は黒5とここに打てるのでこれだと味良く上辺がまとまり黒が悪くありません、ツグ手を省略できるのです。

白1はハマりやすい図で、黒2と打たれ白3には番号順に対応されて白が良くないです。右上の三三が難しくなっています。

この図が打ちこなせるか…白には相当高い棋力が必要となってきますしちょっと無理気味な手にも思えます。やはり

せっかく解りやすく良い手があるのでこの図に従った方が無難かとは思います、早碁ですしねぇ…