白1に対して黒2と打ち、白3から黒4と打つ変化はブラックブーメランと呼ばれ星の定石では最も多く打たれている手。派生する形も多く入念な対策が必要となるこの形を研究してみる。

白7と打たれた場合

豆まきから単に白7と打つ手は割とよく見かける立派な手だが何故か白がうまくいかないことが多い、実践で多用されるこの形を研究してみる。

白1自体は特に悪手という感じでもなく下辺を打つよりも大きそうに見えるため打たれるんじゃないだろうか、しかしながら研究を進めていくにつれ緩着の可能性が指摘されてきた。

まずは一番ありそうな黒1オサエから、この場合白2と打って白4まで白が不満のない進行です。この形は過去にここで詳しく説明しているため省きます、他にも見てみます

黒1と打ってきたら白2まで打つことができます、ここで考えるのは左上を白地にしようと無理に考えずに右辺の薄みに注意を向けることがポイントです。ちょっと高段者向けかもしれなくて申し訳ないのですが…

具体的には黒1に対して白2と打って上辺の切りを見ます、よって黒3からの白4位ですが黒5には白6と打つのが手筋で黒の味を悪くしヨセで白残りやすくしています。これはやや白持ち。

そうなると白1にはこれといった受け方がないことになるので、ここはしっかり黒2と打つのが本手となります。右辺に侵入する手が難しく感覚的に黒がやや打ちやすいと思います。

続けて打って行くならこんなところでしょうか…黒がわずかに残りそうですが中国ルールか日本ルールで評価が分かれそうです、囲碁クエは中国ルールなのでわずかに黒持ちかなといった感じ。

変化をするなら白1ここでしょうね、しかし番号順に打った時に黒6が好形になってしまうのでこれを良しと見るかどうか…なんというか右辺に侵入は作戦負けっぽい気もしますが世界ランカー(1位2位クラス)はよく形が悪くても打ってくるのでこの打ち方もありかもしれません。

白1に黒2ならば番号順に打って白が得した恰好です、白5を打つことによって味を作って黒8をツイできても白9とここに打つ手がものすごく大きいので先手で利かしを打てます。白多少巻き返して互角かなぁ。

黒1の下がりには、無理に上辺入って行かないほうがパターン化しやすく勝てます。この変化さえ覚えておけば後はどんな変化でも大抵対処できるはずです。特に白8の手筋がポイントですねぇ。