囲碁の九路盤の変化を楽しみながら納得いくまで研究する、世界はこんなに素敵だよって明日に向かって吠えてみたい。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年12月

天元(ジャンプアタック→その1)

白1に対し黒2と受ける、白3に黒4と打つ戦法はジャンプアタックと呼ばれる。これは王道進行→扇子からも発生する手段であり若干黒が強引過ぎる印象があるけれども案外いい勝負になる、この形を研究してみる。 白5と打ってきた場合 …

天元(リフティング→その4)

白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。 白3と打ってきた場合 白3と打つ手は最近の流行 …

天元(カーブ→その2)

白1から黒2まではおなじみの王道進行だけど、そこから白3と打つ打ち方はカーブと呼ばれる。名前の通り変化球気味の手であるがぶっちゃけハメ手じゃね?と思ってしまった。この形を研究したい。 黒4と打ってきた場合 変化球には変化 …

天元(カーブ→その1)

白1から黒2まではおなじみの王道進行だけど、そこから白3と打つ打ち方はカーブと呼ばれる。名前の通り変化球気味の手であるがぶっちゃけハメ手じゃね?と思ってしまった。この形を研究したい。 黒4と打ってきた場合 カーブに対して …

天元(リフティング→その3)

白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。 白3とケイマした場合 この形は珍しく中々実践で …

天元(リフティング→その2)

白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。 扇子になった場合 おなじみリフティングの形から …

天元(リフティング→その1)

白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。 白1とケイマに打ってきた場合 おそらく最も多く …

天元(風車→その2)

九路盤の世界には古来より王道とされる打ち方があったそうな…それが天元から白1を打ち黒2とツケる。たった三手だがこれが王道進行。今回のはそこからほとんど一本道で発生する白7までの変化、これを風車と呼び最も難しい変化の一つで …

天元(風車→その1)

九路盤の世界には古来より王道とされる打ち方があったそうな…それが天元から白1を打ち黒2とツケる。たった三手だがこれが王道進行。今回のはそこからほとんど一本道で発生する白7までの変化、これを風車と呼び最も難しい変化の一つで …

天元(下ツケ一刀流→その5)

この打ち方をした棋士で有名だったのは自分が知る限り、当時天才的な強さを誇っていた梶原九段だったと思う。意外性のある手ナンバーワンで実際は結構歴史が深いみたい。この形を研究してみる。 黒4と打ってきた場合 黒4と打つ手はじ …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 九路盤研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.