白1に対して黒2と打ち、白3には黒4と完全に分断する手法がある。そこから白が三三に打つ形がクロスライン、パターン化がしやすいと思いきや九路盤最高峰に難しいこの形を研究してみたい。赤レートレベルの棋力推奨。

黒6と打ってきた場合

黒6と打ってきた場合、非常に珍しい手ながら割とパターン化しやすい変化となるこの形を研究してみます。

白1には黒2とヒキを打ちたいところです、ここで白から白3と黒4を愚形でも交換して打って行くことが最大のポイントになります。

白1などと形で打つと、すかさず黒2を打たれます。このため前図のような交換が必要となってきます。

白1には黒2と打たれてしまうため白のサバキが難しくなります。

白1には黒2で問題ありません、多分すでに黒よしの形です。

テーマ図に戻ります、白5までは番号順に進みそうですがその後下辺を受けずに黒6と上辺に打って乱戦です。黒は下辺に借金があるため常に曲がって生きる手を見ながら打って行くことになります。力碁が好きな人にはいいかもしれません。想定される双方最善図。

高段者などが白1と打ってきても黒2と受けてて大丈夫です、白としては本テーマ図のように下ツケを打ってもらった方がパターン化しやすくていいでしょうね…愚形の交換さえ覚えていれば白のほうが打ちやすそうです、中々実践には出てこないのが寂しいところですね。