白1に対して黒2と打ち、白3には黒4と完全に分断する手法がある。そこから白が三三に打つ形がクロスライン、パターン化がしやすいと思いきや九路盤最高峰に難しいこの形を研究してみたい。赤レートレベルの棋力推奨。

黒6と打ってきた場合

弱い石から動くということで、黒6と打ってみる。

何とも言えない形になった。これならパターン化しやすそうではあるが…

これが想定される今のところここでの研究では双方最善図その1。しかしこの図になるまで実にいろいろな変化がある。

白1とほとんどの人がここに打ってしまうだろう、しかし上辺黒2と打つ手が厳しく以下番号順に白が大変難しい感じになった。この図は黒持ちか。

なので白は白3と打つことになりそう、しかし番号順に打って白のサバキのほうが難しそうな印象。ゆえに最も普通な手である白1が打ちにくい、互角かなぁ。ワイは黒を持ちたい。

本テーマ図白1に黒2と受けると白3の手が厳しく、生きと分断を狙われる。

黒1と打つ手には白2と上辺に打つことができる。黒3には白4で問題なく白良し。

黒1に対し白2の受けは実は相当迷った手、場合によってはこれが最善の白の打ち方かもしれないがいかんせん難しすぎる。双方最善図その2としておこう。

ツギなら黒3で上辺に行きたい、やはり上辺との兼ね合いが難しすぎるのだこの形は。

黒1と相手の受け方を見て黒3も有力な手段ですがこの後の展開が難しく、黒1を打つのは戸惑います。黒1はやはり白2の地点が急所なので味消しをするのはいいのかどうか…クロスラインは単純そうで非常に難しいです、世界ランカーの碁を見て研究したいのですが中々実践には出てこないので結局実力勝負になりそう。