白1に対して黒2と打つ手法はヘッドバットと呼ばれている。何故ヘッドと決めつけるのだろうかフットの場合もあるしハンドの場合もある、ゴールテープを切るのはチェストだ。常に頭が先とは限らない、こうした矛盾で世界は成り立っている。

白3と打ってきた場合

ヘッドバットに対し白3と打つ戦法は自然な手と言えます、単純そうで奥が深いこの形を研究してみる。

黒1と打つのが第一感で、白2と打つのが地味ながら好手。番号順に進んだ形はなんということでしょう、王道進行(風車)が出現しました。ということでこれ以外の変化を研究します。

白2と打つ変化もあるでしょうが、すぐに黒3と打たれて番号順になりそうです。黒3と白4の交換をどう見るかによって意見が割れそうな形ですね…ヘッドバットは元々仕掛ける黒の勝率が高いわけではないので前図風車が最善と見る声が多分多そうです。白8が手になると大きそうに思いますが互角かなぁ。

白2としっかり打つことも考えられます、その時は黒3と打ち様子を見ますがそこで白は手を抜いて白4とこちらを打つのがポイントです。本当ヘッドバットではこの手を頭の片隅に入れててほしい、九路ではあまりない変化。

白1などと受けると黒2が手筋で、以下番号順に黒を固めるお手伝いをしてしまうことになります。

前々図その後は大体このような進行になりそうです、双方互角だと思われます。

補足ですが黒1に対しては白2で、もうこの時点で白が打ちやすいです。黒は中々まとめずらくなっています。棋力アップにはこの形で打ってみるといいかもしれません。

勝率重視の人には白2を打って以下番号順に打てば白良しです、これはこの後普通に打ってれば勝てるのでせっかく珍しいヘッドバットを打ってくる相手に出合ったのなら前図のように打って棋力アップを図るのがいい経験になると思います。