白1に対して黒2と打つ手は正三角形もどき1と呼ばれ、定石化されている正三角形の形はこれを含めて3つ存在する。別に正三角形でないが今回は最もポピュラーなこの形を研究してみたい。

黒4と打ってきた場合

黒4と打つ手は最も素直な手で実践向けな打ち方です、この形を研究してみましょう。

とりあえず白1と打ってみる、黒は味の悪いところを無くすように黒2と打って以下番号順に相場の進行かなと思います。結構わかりやすい一本道ですね。

白1に対し黒2と打って攻めていくのは黒の包囲が薄く白3と薄みを狙いながら手抜きをされます、白5がポイントで右辺は露骨に切って行くのが正着となるので覚えておくといいかもしれません。間違っても黒8に打って味を消さないように!!

ハマりやすい図を確認したところで本題に入ります、この形になったら白1から黒2と打つのが良い手となります。

というのも、黒2と普通に切ってしまうと番号順になった時に白5ですでに困っています。何とか黒8まで頑張ってますがこれは白が一本取った格好です。

具体的には、上辺白1から白3まで切る手を見ながら打てれば黒のほうが難しそうです。

なので白1には黒2と先に利かすのが本手のような扱いとなりました。

単に切った図と比べると黒が頑張っているのが解ります。

白1には番号順に打って黒6とここまで半ば定石化された手段ですが個人的には黒持ってみたいようなそうでもないような…やはりこのテーマは白が積極策を取っている形なので白が何かしら驚きの手を用意していなければ打たなくともいいかなぁとは思います、マンネリ気味ならいいかもしれません。