白1に対して黒2と打つ手は正三角形もどき1と呼ばれ、定石化されている正三角形の形はこれを含めて3つ存在する。別に正三角形でないが今回は最もポピュラーなこの形を研究してみたい。

白3と打ってきた場合

白3は中々見ない応手であるが得てして有力な手となる場合が多い、一路左に打つよりかは積極策となるこの形を研究してみる。

黒4とコスミを打つのがおすすめの手で味を少なくし上辺と下辺をふんわりと打って行くのがこの形となります。

白1と上辺を受けた後黒2に対する打ち方を研究していなければこの形は打てません、白3が面白い手で黒4には白5と打って上辺との死活を見ながらなんとかさばけています。黒はこの後上辺打つのが相場です。これが今のところ双方最善図。

黒1には白2から白4と手筋を打ち白6と打てば大丈夫です。上辺白を一間に打つことにより黒の厚みを制限しています。

念のため、ハイ込みは手になりません。このブログではよく出てくる形ですね。

黒1とハサんで来た場合、番号順に打って問題ありません。これは白有利な形です。

白1と打ってしまうと黒2と様子見を打たれて困ります、これは上辺を打つふりをして(7.六)の角を狙っているわけでスキができたらすぐ打ってくるので白は早めに下辺を守らなければなりません。黒持ち。

黒から速攻で打ってくるかもしれません、しかしその場合白のコスミが良く両辺を見合いにしています。まさに相手の打ちたいところに打つ例ですね。

上辺白は何故ケイマに打つのを勧めないかというと白3の時に黒4が成立するからで、以下番号順に黒8までピッタリしました。他の形でも迷ったらケイマではなく一間に打つと最善手になりやすいです。

前図ケイマではなく白1のコスミを打ちたくなる人も多いでしょうが、黒2から以下番号順に打たれると白のほうが大変な戦いです。積極策となるこのテーマはどちらかといえば仕掛ける白のほうが高い棋力が必要そうです。