白1に対して黒2と打つ手は正三角形もどき1と呼ばれ、定石化されている正三角形の形はこれを含めて3つ存在する。別に正三角形でないが今回は最もポピュラーなこの形を研究してみたい。

白3と打ってきた場合

最も打たれているのは黒2の後に白3と打つ戦法で、上辺と下辺分かれて生きようとするもの。これ以降打ち方が分かれてくる印象です。

黒1に対して白2と打つのはおなじみの風車っぽい形へのプレリュード、番号順に白6までの形はほとんど一本道です。

白1と打つのは黒2と取った時、(7.四)の黒が理想形となりますのであまり打たれないんだと思います。この後

白1には黒2で打ち以下番号順になった形は黒が優勢です、ポイントは黒6を黒が強いこちら側から打つことにより自然と打ちやすく、地で優勢になれます。弱い石から動くのが囲碁の基本ですが隅は手になりやすく打ち過ぎになることもあります。

白1の下アテも無いことはないですが番号順になった時、黒8の後が難しいです。個人的に黒持ちですねぇ。

本図に戻ります、黒1と打つのがしっかりした良い手です。黒5は白6が見えているだけに打ちにくいかもしれませんが…

黒1から番号順に打った時、黒7とカケ継ぐことがポイントとなります。前図黒5が打たれているため本図黒3の石を取ることができず(4.二にオキがくる)白8と打つくらいが相場になり、そこで黒9と様子見を打つのが石の呼吸になります。その後白は下がりを打って双方最善図ながらワイは黒持ち。

念の為、黒1から切って打つと番号順に白6と手筋に打たれて白の勝ちが決まります。風車風の手を打たれたら単に曲がっておくのが最善の場合が多いです。

そういったことならばと黒1と下を打ってみたい人多いかもしれませんがこの場合だと白6の妙手があり黒が厳しい局面です。天元からの碁は風車みたいな形が出現しやすく、一路違うだけで別の碁になりますが同時に研究さえしっかりしていれば上手を倒せますので妙味があります。