白1から黒2まではおなじみの王道進行だけど、そこから白3と打つ打ち方はカーブと呼ばれる。名前の通り変化球気味の手であるがぶっちゃけハメ手じゃね?と思ってしまった。この形を研究したい。

黒4と打ってきた場合

変化球には変化球で対応したい、そんなあなたにオススメなのが黒4とふんわり打っていくこの戦法。しかしながら難しい変化となるこの形を研究したいがその前に…

黒1と打ちたくなる人も多いだろうと思いますが、この手は緩着となります。

白1から白3と打たれた形では個人的にこの時点で打ちにくいです、以下番号順になったらよりはっきりとしてきます。黒10の代わりに左辺すべりならそれには受けずに白1の右(6.八)にハウのがお約束、やや白良し。

黒1と打ってきたら一本道で以下番号順に進み白10から白12と右辺に侵入ができては白良しです。

なので黒1という打ち方が出てきました、カーブはハマると一気に決まります。常識的な手を見直さなければならない点においてハメ手風だなぁと思った理由がこれです。

白1から番号順に一本道で風車のような形が出現した。これ以外の変化で白が良くなる図は多分無いと思います。

黒1から打つのが解りやすくて良い手、この図が想定される双方最善図ですが結構ハマりやすいところもあります。例えば

※黒1は(3.四)
黒1などと手筋風に打ってしまうと番号順に白12まで簡単に白の勝ちが決まります、形が悪くなってしまうためヨセで差をつけられるのです。そしてこの形は応用が利きます、これ以外でも風車のような形では切らないようにしましょう。

少しレベルアップしますww黒1には白2で良く、黒3には白4で何ら問題ありません。これは白良しです。

黒1は無理な手でどう打っても白がよさそうです、白2は(7.三)に打って様子見をするのが高等テクですが囲碁クエのような早碁では本図のほうが現実的です。普通に白良し。

白1から白3と打ってきたら黒4と変化球みたいな手を打ちましょう、打ち間違えっぽい手ですがこれが本手です。これが打ちたいがためにたまにケイマで打ちますが未だに白1と打ってきた相手はいませんね…みんな風車っぽい形に持っていくのは感覚なんでしょうか。