白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。

扇子になった場合

おなじみリフティングの形から白3と打つ戦法は扇子と呼ばれ、広く高段者の間で流行っていた打ち方である。これは王道進行から白1と打った形も同型なので同じく扇子と呼ばれる、この形を研究してみる。

まずはオススメの変化から、黒1とヒキを打つのが対策の立てやすい手であり黒の勝率もやや高いです。白2には黒3と打っていき…

白1には黒2と打つのが面白い手で白3には黒4で対応、上辺を守ってきたら黒6まで打てるのでこうなると白のほうが多少打ちにくいと思います。

下辺白1と打ってきたら黒2とここまで打ち込むのがポイントで白3には黒4でこの時点で白が打ちにくい形です。具体的には

下辺に負担をかけないように、白1と打って生きる相場ですが番号順に黒8となった形はサカレ型で上下の白に利いた形となり黒が一本取ったように思ってます。

白1とこちらを打ってくるのは無理な手で番号順に取られます、まぁ黒12は(7.五)に打って全部取れますけどそこまで打たなくともこの図のほうが解りやすいです。結局白はタイミングを見て(6.四)の所から打つしかなさそうです。

最初に形のいい黒1とここに打ちたくなる人多いと思います、ですが番号順に進んだ時に意外と変化が多く難しい碁になります。力碁が好きな人はいいかもしれません。

プロ同士の実践例で黒1と打つ戦法がありますが、番号順に進んだ時に白10から一気に難しくなります。個人的には黒がまとめにくそうだと感じます。

白1に単に打てば、解りやすい変化で黒よし。

想定される双方最善図、扇子を仕掛ける白としては相当高い棋力が必要。一方受ける黒はしっかり引けば研究がややしやすいか。