白1から黒2と打つ打ち方はプロアマ問わず好まれている戦法である、そんな背景がありながら長らく呼び方が解らなかったのがこの形。いつのまにかリフティングと呼ばれるようになった。

白1とケイマに打ってきた場合

おそらく最も多く打たれているリフティングの受け方が白1と打つ戦法で、この他には数えるほどしかないかも。こういった実践にありそうな形こそ研究をしっかりしたい。

黒1と露骨に打って白2を誘い、以下黒5までゴリゴリと打っていく。ここまではほとんど定石化されている打ち方でこの後が難しく打ち方が分かれてくる印象。

何はともあれ白1とツケて様子を見たいところ、上辺は生きているので白から離れて打つイメージで。

※白2は(5.七)
黒1と打ってきたら白2と打つのがポイントで相手の受け方を見る。後はほとんど一本道で番号順に進み…

上辺黒からサカレ形を許してしまうがここで白6と曲がりを打てることで全体に調和した手となる、これが最初にツケを打った時からの構想である。

黒1と抜いてきた場合は白2まで打つことができ以下番号順となるが、前図と比べて上辺サカレ形を許していないので理屈では白が少しいい図になります。この後左上キリと右上のハネ継ぐのが白の見合いとなるからです。

黒1とこちらに打ってきたら白2とじっくり上辺を打つのが良い。下辺は味として残そうということ、黒3なら白4と打ってからの白6がぴったりした手で黒7の地点を見ているため黒もここに打たせるわけにはいかない。逆に白に打たれると白良しです。

黒1ノビはプロ筋だけど白4までふんわり打たれるとこれは乱戦となる、しっかり取ったのと比べ右上白に黒から利かせにくい形となる。例えば中に置いても白も曲がって頑張ることができます。一気に難しい形です。

こちらの黒1には白2と打って黒の受けが難しいです、そもそもリフティングは味が悪くても頑張る打ち方で研究が必須だと思います。