九路盤の世界には古来より王道とされる打ち方があったそうな…それが天元から白1を打ち黒2とツケる。たった三手だがこれが王道進行。今回のはそこからほとんど一本道で発生する白7までの変化、これを風車と呼び最も難しい変化の一つである。

黒8と曲がりを打ってきた場合

黒8の曲がりはあまり見ない打ち方ですが有力な手です、この手を見ると呉清源先生の内曲がり定石を思い出してしまうのはワイだけでしょうか。早速研究してみます。

相場としては番号順にこんなものか…ただこの図になるまで結構変化があり注意が必要です、例えば

黒4から下がりを打つと、白11を見られて白9とじっくりコスミを打って様子を見ることができます。上辺取ってきたら下辺を白から二間にヒラキで白優勢です。白11と下辺と見合いになっているのが解ります。

白1に受けないと上辺黒が取られてしまいます、白良しです。

※黒14は(3.二)
仮にこの図になったとするなら、黒4としっかり打つことによって手数が延び白11には黒12と打つことができ上辺白を黒有利なコウに持っていけます。白が黒16に何かしら受けてきたら黒20と取って勝負ありです。

なので白もコスミを打たずにこのように変化してくることが考えられます。黒4は調子の一手で白5に黒6と打てば白7と黒8が見合いの所です、補足というか蛇足ですが白から(3.五)のキリは緩みシチョウで白が取られています。

白1と打ちたくなる人も多いと思います、しかし黒2から番号通りで黒有利なコウになります。この形は死活の知識がある方が勝つパターンで事前研究が必要となりますねぇ…基本死活辞典などで勉強しておくと後々役に立ちますよ。

※黒2は(7.六)
白1も優良な手ですが感覚としては黒が少し打ちやすいように思います、下辺もまとめやすくなったので今度は黒8とじっくり打つくらいで十分だと思います。黒から曲がる今回の変化はコウの勝負になりやすく力碁が好きな人にはいいかもしれませんね。