この打ち方をした棋士で有名だったのは自分が知る限り、当時天才的な強さを誇っていた梶原九段だったと思う。意外性のある手ナンバーワンで実際は結構歴史が深いみたい。この形を研究してみる。

黒4とオサエた場合

黒4という手は、囲碁クエストの下ツケ一刀流で最も多く打たれるにも関わらずこれといった結論が出しにくい難易度の高い手。今回はこの形を研究してみたい。

黒1から白2を利かして黒9までの打ち方は、ほとんど定石化している手段だけどこの後の変化がとても難しい。これでは純粋に実力勝負になってしまうと思うので研究しやすいおすすめの手を紹介したい。

黒1と単にノビを打ってしまおうというもの。相手が白2と常識的に打ってきたところで黒3から抜いてしまうのが解りやすくていいと思うんだ。
白は右辺を生きなくてはならないので白8までは大体一本道かなぁ、そこで黒9と厚みを活かした様子見が高等テクニックで白の打ち方も難しくなる。

守りを打たないで白1などと打ってしまうと、黒2から碁が終わってしまうので注意。話を前図に戻します。

お互いに最善に打てばおおよそこの図が予想されるかな、後はヨセ勝負ですが個人的に黒が若干悪いように見える。しかしこの図になるまで白は大変ミスしやすいのでこうはまずならない、今思うと黒2の所は先に(6.六)のアテを利かすのも有力ですねぇ。

白1とすぐに守ってきた場合は、黒2から黒4を利かして黒6とツケる鋭い手筋がある。今日伝えたかったことは常識的に打つとこのツケがハマりやすいということなんだな。

一番普通に見える白1が実際は負けコースになる、これは上位赤レートクラスの人でもノータイムで白1と打ってしまうところ。お互い最善に打てばわずかに黒がいいこの図が考えられるけど、大抵は白が全部取られてしまいます。これがノビをお勧めする理由です。

正しくは白1としっかりこちらに打っておくこと、黒2が見えているだけに打ちにくいかもしれませんがこっちが本筋です。見た目以上に黒が厚いので妥協するところかなと思います。ノビを打つと足が遅く不安になる気持ちはわかりますが研究していけば意外と本格的な変化となりパターン化しやすくなります。また、ノビを打っても不利にはなりません。まだ誰も打ち出していないので流行ればいいなぁ…と思っています(切実)。