一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

黒4ケイマになった場合

黒4とケイマする手はたまに見かける手ではあるが頻度は多くはない、おそらく黒を持ったにもかかわらず主導権を握りずらいのが理由かもしれない。この形を研究してみたい。

手拍子で白1と打つのもあるが黒2から黒4まで形道理に進み、白5に対して黒6が厳しい一手になる。続いて

白1と継げば黒2から黒4でいい勝負になりそう。あとはヨセでうまいほうが勝つわけだが個人的には前図黒6があったため若干黒がいいような気がしないでもない。

個人的にこの形になったなら、第一感でここに打ってみたい。上辺はすでに生きているのでそもそもあまり固める気にはならない、なんとなく黒の薄みを狙っていきたいんや。

というのも黒1と打ってきたときに白2から白4と露骨に固めるのが面白い、黒は厚みを活かして黒5位に打ってくるだろうが以下白10まで打つことができれば白優勢になることができる。

黒1と取りに来ても白2とオサエを打って冷静に対処すれば取られることはないですかねぇ。

黒1で強引に取りに来ても白4の二段バネが手筋で白8を許してしまっては上辺黒が薄くなりこれはすでに白が一本取った形に見えます。

のぞかれた場面での黒の最善手は気づきにくいですが黒1とツケて両方見るのが良いらしいです、白4なんかは中々実践では下がってしまいそうですねぇ。まぁ、上手が言うんだからそうなんでしょうけど…最初のツケの図のように、赤レートの人でもほとんどの人がのぞきに対して継いでくると思うのでその変化をしっかりと覚えておけばいいような気がします。強いて言うなら2300超えたあたりからは本図の変化になることも十分考えられますので死活の勉強は必要ですね。

※黒10は(2.四)
蛇足として、白1二間に打つ変化は黒2を利かされて黒4から黒14までほぼ一本道で黒が優勢です。黒2に気付けるかどうか…九路盤ならではの手です。