一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

下ツケ一刀流のような形

黒2に対し単に白7と打てば定石として有名な下ツケ一刀流となるが、その前に色々利かしてからツケようとするのは高段者の早碁で見かけるようになった。
この形について研究したい。

まずハッキリさせておきたいのだが、黒は普通に黒1とオサエてしまって形勢は悪くない。白6までは一本道じゃないだろうか、この図が白の注文である。というのも

黒1を利かして、下辺抜いた形は非常にシンプルで黒優勢だと思う。
とすれば前図白2の左辺をまとめにいった構想が既によくないはずだが…
なんとなく下ツケを利かした形だから白良さそうだと思う人間的感覚がこのシンプルな黒よしの形を妨げているように思えてならない。

黒1と切ってしまうのが人情ではないだろうか…ところが白2という後続手があり黒3と受けたならば白6までで逆転白優勢になる。
ここは黒3ではなく黒5と抜くのがいいのだが早碁では手拍子でこの図になってしまうかもしれない、どの道白6を許す格好になり複雑な碁になる。もっとも

利かされるのが嫌で黒1とじっくり打つ人も多いと思う、しかしながら白2とハイを打たれ非常に複雑になる。

※黒9は(4.八)
黒1とこちらを打ちたくなるかもしれない、しかし調子で打った黒3には白4が厳しい手で黒5には白6の妙手がある。こうなってくると個人的には白が面白くなってきた印象。結局のところ最初のシンプルな図が最もいい形であるという結論にワイは至った。なお、異論は認める。
ただ、相手の構想にハマって自滅をしてしまうのではないかと思ったのがこの形であり注意してみたい。