一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

白7と様子を見てきた場合

黒6に対して白7と様子を見て打ってくるのは中々の高等戦術、ノータイムでツイでしまいそうな局面だが果たしてそれでいいのだろうか。今回はこの手について研究したい。

まずは黒1と継いだ普通の変化から、当然白2と打たれ黒3には白4と守られてこれは注文が通ってしまった形。この後黒が手順を尽くせば左辺白を分断はできるけどレーティング2200位は無いとまず出来ない上に分断したからと言って優勢とも限らない。やはり白2と黒3の交換が大きく薄いながらも白が打ちやすそうな印象。そこで

黒1と先にこちらを打ってしまおうジャマイカというのがこの変化。
白4に対して黒5と打つのが肝要な一手で下辺の味を制限する狙いがある。

黒1と下がってしまうと白2、黒3となったときに白4と切り込む狙いがありこの二子は落ちてしまう。黒5と打って粘っても白8が絶対の利かしになりやはり取られることとなる。さてさて前図に戻ろう

黒3と抜いた時に上辺と下辺どちらを打つか迷うところだが、これは下辺が大きく白4が正解となります。ここまでお互い明確な悪手がなく最善手ばかりであとはコミやルール、ヨセの実力で勝負が決まります。一つの完成形だと思います。

前図白4の前に黒1と打ってきた場合は上辺白2と継ぐのが良く、黒7の抜きに対し白8から白12と先手で絞れた形は白勝勢です。黒1に手拍子で抜かないのがポイントですね。

蛇足として白1の切りは成立しません、三子が落ちれば優勢になります。
けどこうはならんかな。

白1と捨ててくれば、黒2を利かして黒4と二子の捕獲。
これで優勢です。黒2忘れちゃダメ、絶対。

白1とオサエてくる変化は黒2で全く問題ありません。
白3に黒4と上辺を取れれば黒が優勢となります。