一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

引いて打つ場合

黒6と一旦引いて打つ戦法もよく見られる、しかしながらコウ含みの戦いになりやすく変化も難しいので勝率重視の人にはあまりおすすめしない。勢い白7となった変化を研究してみたい。

※黒3は(2.四)
黒1はほぼ絶対の一手で、白2に対し黒3と切り込むのが手筋。
白4から白6の抜きとなるが、ここで黒は黒7とアテるのがポイントかなと思います。というのも

黒1と打ってしまうと白2を許してしまい、白の借金であるコウが緩和されてしまいます。以下白10までほぼ一本道で一見上辺白が死にそうですが…

※黒1は(6.一)
白8の切り込みが厳しい一手となり上辺でコウが発生しました、この後

※黒5は(2.四)
黒3のコウ立ては成立せず白4までとなり、黒5となれば後は一本道で白10の抜きに黒からのコウがないことが黒にとって不満です。

黒1とこちらを打ってくれば白2から白6までは一本道で、黒7には白8から白10で勝負ありです。黒はコウが争えないのです。なので

黒1とアテを打つのがいいんじゃないのかなぁ…というのがワイの研究です。
ちなみにお互いに最善手を打ち進めるとたいていこの分かれになりますがここから先はあまりにも難しくよくわからないので割愛いたします。

黒1と伸びる変化もありますが、なんとなく黒5と白6の交換が微妙なのでワイはこの打ち方はしませんが一例として載せておきます。
白2に対してしっかりと黒3をこのタイミングで利かすのがポイントとなります。
黒7は白2の隣にツケる手もありますが外して打った方が簡明な形になりやすくおすすめです。