一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

一間に打ってきた場合

黒1とツケてみる、白2は一番無難な受け方で黒3とノビた変化で今度は白6となった形ですね。しかしこの後の打ち方が難しいのではないでしょうか、これも実践ではよく出てきます。正解は…

黒1ツケから黒3のふくらみまでが最も簡明でわかりやすいと思います。
しかしながら…

白1とこちらをアテられたらどうでしょうか、一間に打たれた場合にはこの手を最も警戒しなければなりません。コウ含みの変化となりこの形の研究の肝となります。

黒1からアテ返して黒3までは一本道ですが、ここで白4と切るのが最強の手で…

黒1の後に黒3と切るのがよく打たれている手になります、もっとも…

いきなり切るのが怖ければ、黒1と先に取ってしまってもOKです。
最近はこちらの打ち方も評価されてきています。
ワイはその日の気分で打ち分ける感じですねぇ…さて、前図の研究に戻ります。

白1には黒2と打ったこの形は黒が少し良いとされています、なのでアテ返しが打たれにくくなった理由なのかなと推測します。

アテの時に白1とツイでしまっては黒2から下辺と上辺が見合いになり、碁が終わってしまいますので注意したいところです。

黒1とアテずに下がってきたら白2と下辺を守るのが肝要な一手でどうやっても上辺白は取りに行くことができないです、結局強引に打っても白4をしっかりと打ち白10と下がる形を守れば攻め合いで負けることはありません。

前図、黒5で黒1とこちらに打ってきたら白2から白4、白6まで全部きくので白8まで簡単に生きることができます。
下がりの場合、この2つの変化をしっかり覚えておけば負け碁にはなりにくいです。
下がりに対して、白が上辺を守らずに下辺に先行できている時点で白優勢ですので相手の勝負手に惑わされないようにしてください(とは言ってもいつも逆転されてまうww)。