一間高ガカリは星に対して最も多く打たれる手ではないだろうか。
その後、一間に受けて様子を尋ね白3と受けてきたパターンを研究したい。

二間に打ってきた場合

黒1とツケてみる、白2は一番無難な受け方で黒3とノビた変化は白6まで勢いで進みそうな形ですね。しかしこの後の打ち方が難しいのではないでしょうか、実践ではよく出てきます。正解は…

単に黒1とツケ白2に対し、黒3棒ツギでOKです。
最初この形を知ったときは、こんな単純な打ち方でいいのかと思いましたこれが本筋です。以下変化図を研究してみます。

黒3とアテた変化は、ほとんど一本道で白8まで進み黒9が鋭い手筋ですが白10と冷静に取られ、白12とはい込みを許した形は黒が若干やられたように思います。また

白1とこちらを遮るのは黒2から絞りを効かされ、この後白が3石を取っても黒に先手で右上を打たれて、ほとんど黒が必勝形になった形です。

黒1とこちらを切ってみる変化もありますが、非常に難解であまりおすすめできません。というのも黒5とカカエた時に白6とツケる強力な手筋があるからです。この形、左側の黒はまだ生きておらず右上黒も味がある恰好で乱戦となります。
ちなみに筆者の黒番でこの形になったことがあり、囲碁クエ8段の白の人にフルボッコにされた記憶があります。上手にノータイムダメ、絶対。

前図黒7の時に黒1とこちらを切ってしまうと、断点が非常に多くこんな感じで一気にはまってしまう格好になります。

※黒1は(3.六)にツケた変化です。
こんどはこちらにツケ切ってみました、実践では一番多そうな形ですが白6と普通に取ってこの時点で白が優勢です。なお白8の後には面白い打ち方があり…

たいてい押さえとなると思うので…その後、ぜひ白1とツケてみて下さい!!(正しくは黒8の五で守ってくださいね)
コレは一例ですが、正しく打てば成立する手なので力碁のトレーニングにもなります。

※白7は(7.五)
前図黒8で黒1とこちらに打ってきた場合は白2と一旦受けておいて、黒3に白4が形の急所で、黒5と打たれても白6と下を打てば手になります。

補足として、黒が下にツケてきた場合は白1とふくらんでおくのがおすすめです。簡明な打ち方で僅かですが優勢になることができます。